アクセス情報
TEL:0480-21-0067

9:00~12:00/14:00~19:00
(休診日:木・日・祝日)

久喜市の歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科|八重歯・歯周病

診療案内

CT-3DX Dental CT 本のご紹介
Mobile Site
埼玉県久喜市 インプラントセンター 埼玉県久喜市 矯正歯科ガイド
HOME»  診療案内

一般歯科(歯周病治療)

痛い歯(虫歯など)の除痛から歯周病の予防と治療、および歯牙欠損部の補綴(ホテツ/おぎなうこと)、歯ぐきの出血、入れ歯、その他にも口腔外科的疾患の治療などを行います。できるだけ少ない回数で痛くないように治療します。

また当院では特に歯周病治療に力を入れております。顕微鏡を使って原因菌を特定し、薬で治療する最新式の治療を取れいれております。

更に詳しい歯周病治療の情報はこちらから

予防歯科

日本人の予防歯科に対する意識は、先進国の中でも遅れているといわれています。
「痛くなってから行く」のではなく、「痛くならないために行く」のが予防歯科の考え方です。

定期的にクリニックでクリーニングを行うことは、歯の見た目が美しくなることはもちろん、虫歯や歯周病の予防に非常に効果的です。

更に詳しい予防歯科の情報はこちらから

矯正歯科

噛み合わせが悪い方、八重歯、乱杭歯(ガタガタ)、反対の噛み合わせ、受け口、出っ歯、すきっ歯、開咬(奥歯で噛んだとき、前歯がすいてる状態)、その他でも噛み合わせが気になる方は、一度ご相談においでください。お子様から、成人の方まで治療が可能です。噛み合わせが悪いと、見た目が気になるだけでなく、歯磨きがしにくくなるので、虫歯になりやすかったり、歯周病になりやすかったり、色々な悪い点がありますので、矯正治療を受けましょう。

更に詳しい矯正歯科の情報はこちらから

口腔外科(インプラント)

インプラントとは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける方法で、両隣の歯を削ることなく元の快適な噛み合わせを復元する技術です。人は永久歯を失うと二度と生え変わりません。そのために歯がなくなると、一般的に入れ歯やブリッジをつけるといった方法をとります。しかし、入れ歯だと「固いものがうまく噛めない」「違和感が強い」と取り外しの入れ歯が受け入れられない方や、ブリッジ治療で健全な歯を削りたくないといった問題もあります。そんな方におすすめなのがインプラント治療法です。

更に詳しい口腔外科(インプラント)の情報はこちらから

小児歯科

「乳歯はいずれ永久歯に生えかわるから虫歯のままほうっておいても大丈夫」と思っておられるお母さん方が多いのではないでしょうか。乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく影響してきます。乳歯は痛みだしたり腫れたりすると、治療しても経過が悪いのが現実です。そこで必要なのが早期治療と虫歯予防です。当院ではそれぞれのお子様の性格を理解したうえで根気よく且つ慎重な治療を受けていただけるよう努めております。恐がることはありません。安心して治療を受けに来てください。

審美歯科

歯を本来の姿にする、見た目の美しさを求めた歯科治療です。
いつまでも健康で綺麗な真っ白な歯でありたいというのは今も昔もずっと変わらず、誰もが持ち続けている願いです。笑顔が素敵な人は歯が綺麗であるということからも、歯や口元に美しさを追求されるようになってきました。そんなニーズに答えるのが審美歯科です。綺麗な歯並びや白い歯をいつまでも保つことで、歯や口元のコンプレックスが取り除かれ、通常の生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。もちろん、審美歯科による治療は一時的な見た目の美しさだけではありません。いつまでも健康的な歯を保つため、興味を持たれた方は一度当院までご相談ください。

更に詳しい審美歯科の情報はこちらから

ホワイトニング

審美歯科の中でも「ホワイトニング」という単語は、今や一般的に知られる言葉になっています。
当院では、オフィスホワイトニング(クリニックで行うホワイトニング)、ホームホワイトニング(ご自宅で行っていただけるホワイトニング)のどちらも実施しております。お気軽にご相談ください。

更に詳しいホワイトニングの情報はこちらから

かみしめ・歯ぎしり(顎関節症)

日本人の約3~4割は、実は顎関節症の初期症状を自覚していると言われています。
原因はひとそれぞれ様々ですが、ストレスや疲れ、変則的な生活習慣などで普段から歯をかみしめていることも顎関節症を引き起こす良くない習慣のひとつです。
当院ではまず患者さんの原因を突き止め、原因を排除し、それにあった治療を行っていきます。

更に詳しいかみしめ・歯ぎしり(顎関節症)の情報はこちらから

PAGE TOP